『釣りキチ三平』の作者である、矢口高雄さんが死去されました。
享年81歳で、死因は「すい臓がん」でした。
残念ながら闘病の末とのこと。

漫画の「釣りキチ三平」は子供のころに良く読んでおりました。
釣りの聖書(バイブル)としても、大変参考にしておりました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

尚、「まんが美術館」でも下記の通り発表されている。
<引用掲載させていただきました。>
=====
お知らせ
名誉館長矢口高雄氏の逝去に関するお知らせ(訃報)

横手市増田まんが美術館の名誉館長である矢口高雄氏(本名:髙橋髙雄)が、病気療養中の処、11月20日、都内の病院で81歳にて逝去されました。
ここに生前の皆々様のご厚誼に深く感謝いたしますと共に、謹んでお知らせ申し上げます。
なお、葬儀は故人ならびにご遺族の希望により、近親者にて執り行われましたので併せてお知らせいたします。
<記>
氏  名  矢口高雄(本名・髙橋髙雄)
生年月日  1939年(昭和14年)10月28日(満81歳)
逝 去 日  2020年(令和2年)11月20日 午後5時46分
死  因  膵臓癌(すいぞうがん)

後日、故人を偲ぶ会を予定しておりますが、時節柄、開催の時期をお示しできませんことをご理解ください。なお、まんが美術館ホームページにおきまして、矢口高雄氏に対するメッセージをお預かりするページを開設しておりますので、ご利用くださいますようお知らせいたします。

最後に、故人ならびにご遺族の希望により、ご香典、ご供花、ご供物の儀は謹んで辞退申し上げます。また、ご自宅やご遺族への直接のお問合せもご遠慮くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。
令和2年11月25日

【本件に関するお問合せ先】
 横手市増田まんが美術館
 TEL:0182-45-5569
 FAX:0182-45-5570

おすすめの記事